コリン・モリカワとは何者か!?
Aug 02, 2021

コリン・モリカワとは何者か!?

全米プロに続いて全英オープンでも初出場、初優勝を飾ったコリン・モリカワ。 メジャー初出場で2章という史上初の快挙を成し遂げた日系人は一体どんな人物なのか。 今後、タイガーウッズに匹敵する大物になる予感のモリカワを紐解いていきたいと思います。   ・そもそもコリン・モリカワとはどんな人物なのか。 モリカワは2019年6月にプロ入りし、今年で3年目を迎える24歳。つい最近プロになった新人といえる。しかし、マシュー・ウルフ、スコッティ・シェフラー、ビクトル・ホブランなど、現在ツアーで台頭している同年代の若手選手の中では群を抜いている。出身はカリフォルニア州ロサンゼルスで、ハワイ出身の日系アメリカ人の父と、中国系アメリカ人の母の間に生まれた。学業、スポーツでも優秀なカリフォルニア大学バークレー校に通い、大学在籍中は世界アマチュアランキングで1位に輝いたこともあるという実績だ。 性格はとても温厚で、冷静。自身も「同い年の人よりも大人びていると思う」と自覚している。分別のある大人として行動したいというように、ツアー中も紳士な振る舞いをよく見かける。そして両親からは「誰であれ、他人を敬いなさい」と教えられてきたこともあって、取材の際も、親切で受け答えも丁寧だ。そして、爽やかに白い歯を見せながら、人懐っこい笑顔は取材中も同様というお手本のような人物である。   ・全英オープンでの偉業達成 メジャー2試合で初出場、初優勝を遂げたモリカワに対し、記者からは「歴史を作った感想は?」と質問がされ、彼は次のように答えた。 「僕はまだ24歳だし、プロ入りしてからの2年間から、自分がやってきたことを振り返るのは難しいですね。なぜなら僕はもっと今この瞬間を楽しみたいし、大好きなひとときだから。ゴルフが大好きで、世界で最強の選手たちと優勝争いをしたという瞬間をじっくり振り返りながら、お酒でも飲みたいです。」 まだ年齢的にも若く、プロ入りして2年しかたっていない。そんな彼だから、「前人未到の歴史」を築き上げたという実感はもしかすると湧いていないのかもしれない。それよりも、世界の大舞台で数多くの強豪と戦い、優勝できたという「今」の余韻に浸りたいというのが彼の率直な思いなのではないか。      ・彼女はキュートな中国系アメリカ人!  実はコリン・モリカワには学生時代から交際している中国系アメリカ人のガール・フレンド、キャサリン・ズーさんがいる。彼女は常に試合に帯同しているが、「全英オープン」にはイギリスへのコロナの影響からか、現地でその姿を見ることはできなかった。彼がプロ入りし、新人として不慣れなツアー連戦、ゴルフのことをよく理解してくれ、プライベートでは気分転換させてくれる大事な存在だ。まだ結婚の話は聞かないが、ラスベガスで同棲しているため、今後嬉しいニュースが聞けるかもしれない。    ・タイガーウッズに引けを取らない実力 タイガーはデビューを飾った翌年の1997年に「マスターズ」でメジャー初優勝を飾っているが、メジャー2勝目を達成したのは1999年「全米プロ」でのこと。現在は、新型コロナウイルスの影響を受け、トーナメントの開催日程が大幅に変更されている中、モリカワはメジャー初優勝から1年未満でメジャー2勝目をやり遂げた。タイガー同様、カリフォルニア州で生まれ、子供の頃からタイガーに憧れていたモリカワだが、プロ入り後は、タイガーと少しでも繋がりたいという気持ちから、同じマネージメント事務所に所属している。一方で、「タイガーがやっていないことを自分はやってみたい」という野望も抱いていた。 身長175センチ、体重73キロという、日本人男性と同じような体格の持ち主で、平均飛距離は294.3ヤード(ツアー116位)というモリカワは、弱冠24歳にしてゴルフ界のレジェンドと肩を並べるほどの記録を築き始めているのだ。...
もっと読む
ツアーモデル、トリプルダイアモンド!
Jul 14, 2021

ツアーモデル、トリプルダイアモンド!

もっと読む
最高の一品 JPX 921 誕生
Jan 16, 2021

最高の一品 JPX 921 誕生

〜JPX 921シリーズ〜 今回は、日本でもアメリカでも大人気のミズノ新アイアン「JPX」シリーズをご紹介します。「JPX」はもともと、アベレージプレイヤー向けのミスに強いシリーズという位置づけでしたが、アメリカではアスリート向けのモデルもラインアップされています。 日本ではもちろん、アメリカでもミズノのアイアンは高く評価されていて、世界のトッププロが好んで使用しているのも事実です。「JPX」を世界的に有名にさせたのがブルックス・ケプカ。日本で2勝、メジャーで4勝をあげているケプカですが、そのすべてでJPXシリーズのアイアンを使用しています。 また、先日行われた国内メジャートーナメント「日本女子オープン」を制した原英莉花プロは、「JPX921 ホットメタル」を使用しての優勝でした。 そんなJPXアイアンの最新作は4タイプ。 PGAのツアープロからのフィードバックをベースに開発された「JPX921 ツアー」、同社の鍛造アイアン史上、最高反発を実現した「JPX921 フォージド」飛距離性能と、ボールのとらえやすさを追求した「JPX921 ホットメタル」、ディスタンス系ながらつかまりすぎを抑えられる「JPX921 ホットメタル プロ」。 それでは各アイアンの特徴を見ていきましょう。 〜JPX 921 ツアー〜 PGAツアーにて、フリーの選手達が多く使用したJPX900ツアーとJPX919ツアーの後継機種がJPX921ツアーです。 素材や製法はJPX921 フォージドと同じですが、前モデルよりもオフセンターヒット時のヘッド安定性を向上させ、より実戦でも結果を出すことが可能になっています。...
もっと読む
知る人ぞ知る、ベティナルディHLX3.0ウェッジ!!
Nov 27, 2020

知る人ぞ知る、ベティナルディHLX3.0ウェッジ!!

ベティナルディと聞くと、パターのメーカーと想像する人は少なくないと思います。しかし、実はベティナルディはウェッジも作っているんです。しかも、カッコよくて性能がいい! 今回はこの知る人ぞ知る、ベティナルディが出しているHLX 3.0 ウェッジを探っていきたいと思います。 2020年発売のこのHLX 3.0 ウェッジはクロームとブラックスモークの2色展開です。ヘッドはソフトカーボンスチールを使用しています。ロフト/バウンスの組み合わせは全部で9通りあり、長さ、ロフト、ライ角の微調整も可能です。また、カスタム可能なシャフトも4種類あり、KBS、ダイナミックゴールド、NSモーダスなどの人気のシャフトから選ぶことが可能です。 デザイン的にはオーソドックスではありますが、フェースに刻まれている六角形の模様はベティナルディファンにはたまらないでしょう。 ベティナルディのパターは、あの独特の柔らかさ・タッチの出しやすさといった特徴がありますが、このウェッジにはソール形状に工夫が施されています。ソール全体が丸みを帯びていて、特にヒール側が削り込まれているので、開いて打つのが比較的易しいと思います。 芝やラフに反抗するのではなく、上手く馴染んでくれそうな感じがしますし、何よりスピンがかかりやすく感じます。ソールの形状、また構えた時の後ろ姿にメーカーの強いこだわりが感じられるウェッジです。 いかがでしたでしょうか。今回始めて、ベティナルディがウェッジを作っていると知った方もいらっしゃるかもしれません。実はHLX 3.0ウェッジは日本未発売。日本で使っている人はごく少数でしょう。是非、1度試してみて下さい! <スペックまとめ> ・ロフト/バウンス/グラインド 50-08 (C), 52-08 (C), 54-10 (C),...
もっと読む
スライサーにオススメ!ビッグバーサ B21 ドライバー
Nov 08, 2020

スライサーにオススメ!ビッグバーサ B21 ドライバー

キャロウェイが今秋に発売したニュードライバー「ビッグバーサ」。ゴルフ歴が長いゴルファーほど、「ビッグバーサ」というクラブに馴染みがあるのではないでしょうか。1991年に登場した初代ビッグバーサは、ミスを少なくする、やさしいクラブで人気となり、国内で10万本を売り上げるなどキャロウェイとビッグバーサの名前を一気に轟かせた立役者でもあります。 ビッグバーサのニューモデルが久しぶりに登場しましたが、いったいどのような仕上がりになっているのか見ていきましょう。   <ドローバイアス&低スピン> ビッグバーサ B21ドライバーは、スピン量が多く、スライスに悩むゴルファーにはうってつけのドライバーです。低・浅重心設計であり、さらに、ドローバイアスになっているため、スライスが抑えられるとともに、低スピンの弾道が出やすくなっています。一般的なドローバイアスモデルは深重心が基本でしたが、ドローバイアスでありながら浅重心というドライバーは、ビッグバーサだけが実現できる特徴でもあります。   <超低重心+高弾道> スピン量が少なくなると、サイドスピンが抑えられ、弾道の直進性が高まります。しかしながら、バックスピン量が抑えられすぎると、揚力が得られない可能性も出てきます。ビッグバーサ B21 ドライバーの重心高さは、”ultra-low”という表現が使われており、直訳すると超低重心という意味です。重心が低いことにより、打ち出しは高くなりますので、高弾道で飛ばしやすいというカラクリとなっています。また、ネックにはアジャスタブル・ホーゼルが搭載されているので、ロフト角・ライ角を独立的に調整して、弾道の高さを変えることも可能です。ちなみに、ロフト角の調整レンジは-1~2°です。   <フラッシュフェースを搭載により、ミスをミスじゃなくす> ビッグバーサ B21ドライバーにも、キャロウェイの最新テクノロジーであるAI設計、フラッシュフェースSS21が搭載されています。フェースの広いエリアでボール初速が出るように設計されているので、打点がバラツキやすいゴルファーにとっては最適です。たとえショットが芯を外しても、ミスが許容されボールスピードが落ちにくく、比較的安定した弾道が出やすくなっています。   クラウンの投影を見ると、ヘッド形状が独特で、角の丸い三角形状になっています。ヒール寄りの体積が少ない印象もありますが、ヒール寄り内部にはインナーウェイトが搭載されているので、スイング後半でヘッドがスクエアに返りやすくなっているのも特徴です。   <ジェイルブレイク・テクノロジー> キャロウェイの主要なテクノロジーの1つでであるジェイルブレイクも、ビッグバーサ...
もっと読む
アメリカでも売り切れ続出、Super Hybridの凄さとは!?
Jul 07, 2020

アメリカでも売り切れ続出、Super Hybridの凄さとは!?

さて、今回紹介したいのは日本だけでなくアメリカでも絶大な人気を誇っているCallawayのSuper Hybridです。なぜ、このハイブリッドが人気かと言いますと、その飛距離性能にあります。ヘッドのフェースとボディーをチタンで製作しているため、ヘッド重量を軽くし、体積を大きくすることに成功しました。また、ヘッドの大型化によってシャフトもこれまでより長めに設定することができ、ヘッドスピード、ボール初速とも速くなっています。日本では17度と20度のロフトしか発売されていませんが、アメリカでは23度も購入可能です。そして、何より、アメリカではストックシャフトが 「Mitsubishi Tensei CK Pro Orange 80」なのです。もし日本でこのシャフトを選んだ場合、余分に料金がかかってしまいますが、USモデルはTenseiのシャフトでもっと安く手に入れることができます。是非、1度検討してみてはいかがでしょうか。
もっと読む
USモデルと日本モデルの違いって何?
Jul 07, 2020

USモデルと日本モデルの違いって何?

よくお客様より、USモデルと日本のモデルの違いとは何ですかと質問を受けることがあります。しかし、性能に関して言えばそこまで違いがないというのが正直のところです。というのは、ヘッドの性能は基本的に変わらないからです。ただし、そうは言っても、異なる部分が無いわけではありません。例えば、ヘッドの重量が時々違うということ、同じフレックスの場合USモデルの方が硬いということ、クラブの総重量はUSモデルの方が重いということ、そして海外と日本での値段設定が違うためUSモデルの方が安いということです。ゴルフは繊細さが物を言うスポーツでもあるため、人によってはこれだけ仕様が違うと、スコアに大きく影響を与える場合もあります。もし、USモデルに挑戦してみたいけど、今の日本のシャフトやフレックスと比べて、どの種類を選べばいいかわからないということでしたら、是非お問い合わせフォームにてご質問ください。
もっと読む