全国どこでも送料無料 関税や諸経費などもすべて当店が負担します
JAWS Full Toe Raw Face クローム ウェッジ
JAWS Full Toe Raw Face クローム ウェッジ
JAWS Full Toe Raw Face クローム ウェッジ
JAWS Full Toe Raw Face クローム ウェッジ

    ●初めての方限定「今だけ」クーポン配布中●

    クーポンはこちらでGET!
    ※ページの一番下に記載されています。


    JAWS Full Toe Raw Face クローム ウェッジ

    • US取り寄せ品
    • 全国送料無料!
    • 関税など諸経費すべて負担

    希望小売価格 26,950 円のところ

    当店特別価格
    24,500 円
    (税込)

    日本人スタッフが丁寧にお手元までお届けします

    メーカーから届いた商品を日本人スタッフが丁寧に検品します
    検品完了後、1つ1つ丁寧に梱包します!
    ヤマト運輸ロサンゼルス支店へと配送を依頼します。
    日本のヤマト運輸より、お客様の元へお届けします。

    商品について
    JAWS FULL TOEウェッジ

    フェースを開いても獰猛なスピン!溝を全面に刻んだ、ハイトウJAWS、誕生

    JAWSウェッジから、派生モデルの「JAWS FULL TOEウェッジ」が誕生です。ヘッドはハイトウ形状で、ノーメッキのフェース面には37Vグルーブをフルスコアライン化。さらに、キャロウェイ独自のマイクロフィーチャーを斜めに配置して、バックフェース上部も、よりトウ側に厚みを持たせたデザインとしました。あらゆるアプローチショットに対応し、なかでもフェースを開いて打つ場面において大きな威力を発揮する設計であり、強烈なスピンの両方でグリーンをしっかりキャッチ。シビアな状況からでもカップを狙っていける性能を実現しています。オフセットやリーディングエッジの丸みが少ないオーソドックスなシェイプのため、スクエアにアドレスする際も、構えにくさは一切なし。ラインアップは、オープンに使うシーンの多い58度、60度はもちろん、54度、56度も加えての4種類のロフトを用意しました。

    Features & Benefits

    ハイトウデザインのヘッドに、フルスコアライン化「JAWS FULL TOEウェッジ」の大きな特徴が、ヘッド形状とフェース面への溝の刻み方です。一般的なウェッジよりもトウ側が高いハイトウデザインとなっており、加えて、ヒールからトウまで、フェース全面に溝を入れたフルスコアライン設計も施しています。これにより、あらゆるアプローチショットに対応し、とくに、フェースを開いて打つショットにおいても高いスピン性能を発揮。ハイトウとフルスコアライン化には、オープンに構えた際に、よりスピンのイメージが出やすいという、心理的な利点もあります。

    ノーメッキのフェースに、高いスピン性能の37Vグルーブ「JAWS FULL TOEウェッジ」では、JAWSウェッジ、JAWS FORGEDウェッジと同じく、37Vグルーブが採用されています。37Vグルーブは、2010年に導入された溝規制のなかで溝の角を可能な限り鋭くするべく、従来とは違って溝の入れ方を鈍角にデザイン。これにより、フルショットはもちろん、ヘッドスピードの遅いショットであっても、安定して大きなスピンが入ることになり、距離のコントロール性も向上しました。まさにボールに食いつくフィーリングであり、グリーンを捉えたときも強烈に芝を掴んでくれます。加えて、「JAWS FULL TOEウェッジ」は、全体的にクロム仕上げを施している一方で、フェース面だけにノーメッキ仕上げを採用。メッキ加工以上に溝のエッジが効くため、37Vグルーブのボールを噛む能力がより発揮されます。

    斜めに配置されたマイクロフィーチャー「JAWS FULL TOEウェッジ」には、JAWSウェッジ同様、溝と溝の間に小さな凸部、マイクロフィーチャーを数多く搭載。37Vグルーブとともに強烈なスピンを生み出す、キャロウェイ独自のテクノロジーです。しかも、「JAWS FULL TOEウェッジ」では、マイクロフィーチャーを斜めに設置。フェースを開くアプローチにおいて、マイクロフィーチャーがターゲットに対してスクエアに近い状態となり、しっかりとスピンを効かせることができます。

    トウとヒールで厚みが違う、バックフェースのデザインJAWSウェッジなどでは、求められるスピンや弾道となるように、バックフェース上部の厚みをロフトごとに変更して重心位置を最適化していましたが、「JAWS FULL TOEウェッジ」では、考え方をさらに一歩、前へと進めました。バックフェース上部をヒール側とトウ側に分割し、ヒール側は薄めに、トウ側は厚めに設計。また、バンス裏にある4つのポートのうち、ヒール側の2つをより深くしています。これらは、とくにフェースを開いて打つアプローチを考慮したもので、フェース面を斜めに抜けていくボールに大きなスピンを発生させる要因となっています。

    閲覧した商品